仏事の相談室 Consultation of Buddhist memorial service

お参りの仕方

お参りの仕方も座って行う『座礼焼香』、座って香炉を手元に置き、お焼香してから隣の人へ回す『回し焼香』、立って行う『立礼焼香』などさまざまな方法があります。
また、お焼香はたいてい押し頂いて1~3回お焼香する宗派もあれば、浄土真宗のように押し頂かない宗派もあります。

座礼焼香

座礼焼香は畳敷きの式場の場合に多く用いられます。基本的に常に腰を落とした状態で、お焼香は正座して行います。

回し焼香

回し焼香は式場が狭い場合に、座ったまま焼香炉と呼ばれるお焼香をする箱を隣の人に順番に渡しながら行うお焼香です。椅子席の場合は自分の膝の上に置いてお焼香をします。

立礼焼香

立礼焼香は椅子席の式場の場合に多く用いられます。まず喪主や親族がお焼香をし、その後参列者が順番にお焼香をします。

玉串奉奠

玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは神式の葬儀で行われることで仏式と違い玉串と呼ばれる榊の枝葉をお供えします。もし、玉串が用意されていない場合は、神前で「二礼二拍一礼」を行います。

ご相談、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください

  • 0172-34-5180