仏事の相談室Consultation of Buddhist memorial service

参列の服装

大切な方がなくなり、弔問にうかがう際にもそれぞれ適切な服装があります。
どんな服装で行けばよいかポイントを記載しております。
その他ご不明な点がございましたらお気軽にスタッフにお問い合わせくださいませ。

お通夜

お通夜は親戚や故人と親しかった友人・知人などが訃報を受け、取り急ぎで弔問にうかがうといったことから、喪服ではなく地味な平服で構わないとされてきました。
しかし、最近ではお通夜だけに参列するという弔問客も増えてきているようで、その場合は略礼服の着用も構いません。
ただし、遺族よりも格が上になるような服装にならないように注意が必要です。男性ならブラックスーツ、紺やグレーのダークスーツ、ストライプも目立たなければ構いません。
ネクタイは黒や地味な柄にしましょう。
女性は地味なデザインのワンピースかスーツが良いでしょう。

葬式

葬式に参列の場合は、基本的にブラックフォーマルを着用します。
お通夜の服装と同様、控えめな服装にしましょう。
男性は靴に金具のない靴を着用し、女性はストッキングと靴も黒にしましょう。
また、肌をあまり見せないのが原則なので、夏場も五分袖まであるものが良いでしょう。

子供の服装

制服がある場合は、制服が正装となります。
制服がないまだ小さなお子さんであれば特別あつらえない限り礼服はありませんので、ブレザーと白シャツ・ブラウスに無地の黒、紺、グレーのズボン・スカートなど派手でない平服でよいでしょう。
明るい色のリボンや髪飾りは避けましょう。
また、急に泣き出してしまったり、手が離せないこともありますので、誰かに預ける必要があるかもしれません。

ご相談、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください

  • 0172-34-5180